さぁ、夢へ跳ぼう。

家族のいないひとりぼっちの少女が、パリ オペラ座のバレリーナを目指す、夢に恋する物語

豪華ボイスキャスト発表

塗り絵ダウンロード

フェリシーと夢のトウシューズ

▷

公開

  • バレエ体操動画投稿コンテスト

INTRODUCTION

家族のいない、ひとりぼっちの少女が情熱だけを胸にパリ・オペラ座のバレリーナを目指す、夢に恋する物語が誕生!<br>
						物語の舞台は19世紀末、エッフェル塔が建設されている頃の花の都パリ。踊ることが好きな気持ちは誰にも負けないフェリシーは、ブルターニュ地方の施設で暮らしながら、いつかバレリーナになることを夢見ていた。ある日、偉大な発明家を志している親友のヴィクターに誘われ、ともに夢を叶えるために、施設を抜け出し、憧れの街パリを目指すことに…。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシーはヴィクターとはぐれてしまうが、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワールの姿があった…。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除係のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘カミーユや数々のライバルたちとの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか…!?

『最強のふたり』の製作陣×『カンフー・パンダ』のアニメーター×パリ・オペラ座の芸術監督が、誰もが共感するドラマに美しい魔法をかけた!<br>
						注目の製作陣は、日本でも興行収入16億円を超える大ヒットとなった『最強のふたり』のニコラ・デュヴァル=アダソフスキ、ローラン・ゼトゥンヌ、ヤン・ゼフーのプロデューサー・トリオ。その3人が、「夢を決してあきらめるな」というメッセージを込めて初のアニメーション映画に挑んだ。バレエという題材に、現実を超える美しい魔法をかけたのは、ディズニーやドリームワークスで数々のキャラクターを世に送り出し、『カンフー・パンダ』や『マダガスカル』などの名作アニメを手掛けたアニメーション・ディレクター、テッド・タイ。振付を務めたのは、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督のオレリー・デュポン、そしてジェレミー・ベランガール。人生をバレエにかけてきた“最強のふたり”が本作品にバレエの美意識と情熱を注いだ。

INTRODUCTION

STORY

大きな夢を胸にパリへと飛び出した少女。試練を乗り越え、もっと高く跳ぶために、大切なものとは。

夢をかなえるために、憧れの都パリを目指す!
							19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設ではバレリーナを夢見る少女・フェリシーが軽やかに踊っていた。いつかはパリ・オペラ座でバレリーナになるという大きな夢があるものの、施設で暮らす彼女にとって夢は遠い存在だった。ある日、同じ孤児院の親友であり、偉大な発明家をめざすヴィクターに誘われ、夢をかなえるために、エッフェル塔が建設中のパリを目指して、施設を抜け出す…。

いざ、パリ・オペラ座へ。
							やっとの想いで辿り着いたパリ。しかし、突然ヴィクターとはぐれてしまう。右も左もわからず不安を抱えるフェリシーは、奇跡的に辿り着いたオペラ座で、美しく踊るエトワールの姿を目にする。その美しさに魅了され、夢への期待をさらにふくらませている  最中、オペラ座の掃除係オデットと出会う。オデットの仕事を手伝うようになったフェリシーは、オデットの雇い主の娘・カミーユがオペラ座バレエ学校の入学許可待ちであることを知る。そこで、フェリシーは身分を偽り、カミーユとして入学するのだが…

夢へと続く猛特訓の日々。
							フェリシーは世界的に有名なメラントゥ先生のクラスに入れたものの、踊りが好きなだけで、バレエは初心者同然。しかも、このクラスには「一日一人、脱落させる」という厳しいルールがあった。けれど、このクラスでトップになれば、エトワールであるロジータと共にオペラ座の舞台に立てるという事実を知り、気合を入れる。しかし、そう簡単にはいかない。そこで手を差し伸べてくれたのは、オデットだった。彼女は昔、バレリーナだったのだ。そこから、猛特訓の日々がはじまる。

夢をかなえるために大切なものとは。
							夢をかなえるために必死にがんばり続けるフェリシーのもとに、ル・オー夫人とカミーユが怒鳴り込んできた。身分を偽っていることがバレてしまったのだ。オペラ座からの退団を突きつけられたフェリシーだったが、彼女の努力を評価しているメラントゥ先生の提案により、カミーユとの対決に勝つことができれば最悪の事態をまぬがれることに…。
							立ちはだかるのは、圧倒的な実力差のあるライバル。この大きな試練を前に、フェリシーは夢をつかみとれるのか。そして、オデットが教えてくれた、ライバルのカミーユに勝ち、夢をかなえるために大切なものとは…?

CHARACTER

CHARACTER

<

  • ヴィクター
  • フェリシー
  • メラントゥ
  • オデット
  • カミーユ
  • マティー
  • ル・オー夫人

>

  • ヴィクター
  • フェリシー
  • メラントゥ
  • オデット
  • カミーユ
  • マティー
  • ル・オー夫人

CAST

フェリシー

エル・ファニング

1998年アメリカ、ジョージア州生まれ。姉は女優ダコタ・ファニング。 2歳のとき、『I am Sam アイ・アム・サム』(01)でダコタの幼い頃を演じてスクリーンデビュー。その後、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(08)に出演し、天才子役として注目を集める。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したソフィア・コッポラ監督作『SOMEWHERE』(10)で、放送映画批評家協会賞の若手俳優賞にノミネートされ、続くJ・J・エイブラムス監督作『SUPER 8/スーパーエイト』(11)では同賞に加え、MTVムービー・アワードでブレイクスルー演技賞にもノミネートされるなど、若手実力派として高く評価されている。その他にも『マレフィセント』(14)、『ネオン・デーモン』(16)、『20センチュリー・ウーマン』(16)など話題作に出演。最新作は、ソフィア・コッポラ監督と再びタッグを組んだ『THE BEGUILED(原題)』(17)。

ヴィクター

デイン・デハーン

1986年アメリカ、ペンシルヴェニア州生まれ。本作で初めて声優を務める。 2008年にブロードウェイで俳優デビューし、TVシリーズ「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」(08)、「トゥルーブラッド」(11)などに出演。初主演作『クロニクル』(12)が全米で大ヒットし、一躍注目を浴びる。同年は、さらにスティーヴン・スピルバーグ監督の『リンカーン』、『欲望のバージニア』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』と話題作への出演が続く。その繊細な佇まいから、かつてのレオナルド・ディカプリオと比較されることが多い。『アメイジング・スパイダーマン2』では、主人公ピーターの親友で後に宿敵となるハリー・オズボーン役を演じ、活躍の場を広げる。最新作は、リュック・ベッソン監督の超大作『Valerian and the City of a Thousand of Planets(原題)』(17)。

オデット

カーリー・レイ・ジェプセン

1985年カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州生まれのシンガー・ソングライター。主題歌も務めた本作で、声優に初挑戦する。 2010年、デビュー・アルバム「Tug of War」がカナダのグラミー賞に値するジュノー賞にノミネートされる。その後、ジャスティン・ビーバーに見出され、彼のレーベルと契約。12年、シングル「コール・ミー・メイビー」が全米9週間連続1位を記録する大ヒットとなり、日本でも複数の配信サイトの年間ランキングで1位を獲得する。13年には、グラミー賞で最優秀楽曲賞を含む2部門でノミネート。その他、アメリカン・ミュージック・アワードにて最優秀新人賞を、ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・イベントにて 新人賞を受賞。MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでは最優秀プッシュ賞と最優秀楽曲賞に輝くなど、数々の受賞歴を誇る。 日本でも、「コール・ミー・メイビー」が、山本美月、伊野尾慧主演作『ピーチガール』(17)の主題歌に採用されるなど注目度が高い。

STAFF

監督/脚本

エリック・サマー

フランス、ブルターニュでコマーシャルやショートフィルムの監督としてキャリアをスタート。その後、19本のテレビ映画、150話ものテレビシリーズを監督する。2001年、カナダのモントリオールに移り、脚本として書いた「Angeline」がフランスでグラフィックノベルとして出版。06年12月、コミック・フェスティバルで最優秀コミックシリーズ賞を獲得。現在は、新たなアニメーション映画を製作中。

監督

エリック・ワリン

テレビシリーズのキャラクターデザインなどを担当し、『ベルヴィル・ランデブー』(03)でアシスタント・アニメーターとしてキャラクターデザインなどに携わる。2011年、初監督作『Alex and the Ghosts』がサンタバーバラ国際映画祭で最優秀ショートフィルムにノミネート。共同監督のサマーとはモントリオールで知り合い、本作品の製作に至る。

脚本

キャロル・ノーブル

2003年、脚本を手がけたテレビシリーズ「Girls in Love」で、BAFTAチルドレンズ・アワードにノミネート。アニメシリーズ「Charlie and Lola」(05-08)と、そのテレビ映画をはじめ、数多くのアニメシリーズに携わる。

プロデューサー/脚本

ローラン・ゼトゥンヌ

2010年、『ハート・ブレイカー』の原案に携わり、ダイアン・クルーガー主演作『バツイチは恋のはじまり』(12)で製作/脚本を務め、ニューポート・ビーチ映画祭にて最優秀脚本賞を受賞。本作で製作を務めるアダソフスキ、ゼヌーと一緒に、『最強のふたり』(11)、『サンバ』(14)を製作している。

プロデューサー

ヤン・ゼヌー

2011年、『ハート・ブレイカー』でBAFTA 最優秀外国語映画賞、ファースト・ムービー賞にノミネート。本作の製作二人と組んだ『最強のふたり』(11)では、フランスの観客動員数歴代3位を記録し、ゴールデン・グローブ賞およびBAFTAの最優秀外国語映画賞をはじめ、セザール賞など数々の賞にノミネートされた。

プロデューサー

ニコラ・デュヴァル=アダソフスキ

2011年、『ハート・ブレイカー』でBAFTA 最優秀外国語映画賞、ファースト・ムービー賞にノミネート。世界各国で大ヒットを記録した『最強のふたり』(11)をはじめ、『バツイチは恋のはじまり』(12)、『サンバ』(14)などを、本作の製作二人とともにプロデュースしている。

アニメーション・ディレクター

テッド・タイ

アニメーターおよびスーパーバイザーとして、『ライオン・キング』(94)、『ムーラン』(98)、『リロ&スティッチ』(02)など、ディズニーの名作に携わる。その後、ドリームワークスでアニメーターとして、『マダガスカル』(05)、『カンフー・パンダ』(08)、『カンフー・パンダ2』(11)、『長ぐつをはいたネコ』(11)、『ヒックとドラゴン2』(14・未)など、数々のヒット作と印象的なキャラクターを世に送り出してきた。

振付

オレリー・デュポン

1973年フランス、パリ生まれ。10歳でパリ・オペラ座付属バレエ学校に入学し、89年に入団する。91年にコリフェとなり、92年にスジェへ昇進。同年、ヴァルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で金メダルを受賞。94年、カルポー賞を受賞。その後、96年にプルミエ・ダンスールに昇格。98年、「ドン・キホーテ」の舞台で、エトワールに任命される。古典とコンテンポラリーの両分野で活躍し、マニュエル・ルグリ率いる公演やバレエ・フェスティバルで、数多く来日もしている。2015年、オペラ座の定年である42歳を迎え、5月18日公演の「マノン」を最後の舞台として、惜しまれつつ現役ダンサーを引退。16年2月、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督に就任した。 08年、本作品で共同振付を務めるベランガールとの間に、男児が誕生している。

振付

ジェレミー・ベランガール

1987年、パリ・オペラ座付属バレエ学校に入学。93年、18歳で入団する。94年にコリフェとなり、ヴァルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で銅メダルを受賞。98年、カルポー賞を受賞。2001年、プルミエ・ダンスールに昇格する。そして2007年3月、「ドン・キホーテ」の舞台で、エトワールに任命された。振付にも早くから興味を持ち、94年に初めての作品「ランデヴー」を振付け、自身で主演している。 近年、映画への出演が相次ぎ、ギャスパー・ウリエル主演作『サンローラン』(14)、今年公開予定の『ポリーナ、私を踊る』(16)などがある。

0%